読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA珍道中~ie business school class of 2017 (Jan intake)

三十路後半の僕が、日本から1万キロ離れたスペインで奮闘する様をお届けします

渡航後 約2週間経って

11月後半に渡航してから、あっというまに2週間が経過。

10月後半からは怒涛の送別会ラッシュ(送別していただいた皆様、本当に感謝しております)と手続きラッシュ、そして家族内のハプニング等重なり、本当にあっという間に出発の日を迎えたのだった。ようやく2週間がたち、これまでを振り返るよい時間ができたので、ここまでで思ったことをまとめてみたい。

想定内のこと

*手続き関係

引っ越し、日本での役所&渡航に必要なビザ手続き等はさまざまな人のサポートもあり大きな問題もなく完了。(一部の役所手続きは、こちらからできる手続きはしたものの先方からレスがなかったりもするが)

また、こちらでの住まいも、現地到着後に物件を探すことへのストレスを回避すべく、現地在住の日本人エージェントに依頼して内見せず物件を抑えてしまったので、到着日から現地のマンションに住むことができた。

*学校関連

今のところ、プリプログラムでは現地生活に必要なスペイン語クラスのみがスタートしており、午前中3時間、みっちりスペイン語漬けである。クラスはすでにダイバーシティ豊かで、10数名のクラス内で、カナダ、ブラジル、オーストラリア、ニュージ―ランド、韓国、エジプト、サウジアラビア等出身のクラスメイトに囲まれている。みなさんフレンドリーで、徐々にソーシャライズも含めて関係値を深めている。

また、先日、日本人先輩学生の方々で今月卒業の方の送別会も行い、日本人同士での情報交換ネットワークも作りつつある。

*暮らし関連

事前にGWに下見に行ったこともあり、住環境等はさほど日本と変わらず快適に過ごしている。

 

想定外のこと

*手続き関連

実は渡航前により為替手数料等を削減したり、付帯保険メリットを上積みすべく、いくつかのカードの申し込みを行ったのだが、実際に引っ越しをする前にすべての受け取りができることを確認していなかったため、結局受け取れず、いくつかの申込に無駄な時間を割いてしまったし、結局想定していたいくつかのコストメリットは受けられなくなってしまった。どの会社も「最短何日!」と手続き期間を宣伝しているが、+1か月くらいは余裕をもっての手続きを、今後渡航される方にはお勧めする。

*学校関連

プリプログラムだと思って若干なめていたが、とにかくスペイン語の授業のスピードが速く、毎日目が回っている。初週ですでにベーシックな挨拶や飲食店での会話から始まり、文法で言うと現在、現在進行形、過去完了までは終了。これはスペイン語のテキスト入門編1冊をあっという間に1週間で切り抜けたぐらいのスピード感である。自習もしないとやばいことを数日で気づき、今週末も復習している。

また、英語に関しては、想定よりは聞き取れたり、話せたりはしているものの、いわゆる英語ネイティブのいきな方で話すスピードが速い人同士の会話には、じつはほとんどついていけていない。ソーシャライズしながらだと、酒の力もあり何度も聞き返すが、普段毎回これをやっていると会話が続かないので、なんとかしなければならない。幸い、これにもいくつか対応方法があることを友人づてで知り、トライアルを始めたところである。

*暮らし関連

まずは為替。当然ではあるが、乱高下するし、そのたびに一喜一憂するのは心に悪いので、当面の家賃と生活費はこの2週間で割り切って全額両替してしまった。実際、この2週間内でも相当為替についての予想を調べたのだが、当然、だれも未来を確実に予想はできないので、どこかの時点で割り切って判断するしかない。とわかっていつつも、なかなか踏み切れず、2週間、為替で悶々としてしまった。

また、気候。東京より緯度が高いので寒いと思っていたのだが、今のところ、東京の11月初旬くらいの気候で、ヒートテックを長袖で着込んでいると、動くと暑くなったりするし、厚手のダウンはそこまで必要ではない。湿度が低いため、寒さも感じにくいようだ。

あとは自炊。今のところ積極的にソーシャライズしているので、自炊が続かず、食材をうまく使いまわせていない。日本にいたころのように、結構無駄(=ダメになって廃棄)もしている。反省。売っているポーションが1つずつ大きく、特に肉は一人で食べることを想定すると、余ったら冷凍することを考慮しても、手が出にくい。また、日本食材は思ったよりこちらでも手に入るが、特に液体調味料系が高い!日本の2~5倍!はする。あと輸送費は低いはずなのに、乾物系は驚異の10倍の値付けがされているものも。一時帰国の際、たんまり仕入れてこないと。野菜は中国人が経営しているスーパーに行くと、結構日本野菜(白菜やきのこ類)は売っているので重宝している。

 

ざっと書いたが、今のところ、こんなことを思いつつも、まだおそらく本プログラム前ということもあり、ポジティブな要素満載でスペイン生活を味わっている。